アルミパネル外装の汚れの種類

協力会社募集

アルミパネルの汚れとは?

「汚れ」は「劣化」に変わります

アルミ外装を取り巻く過酷な環境。太陽熱と紫外線、排気ガスに浮遊粉塵、365日ストレス環境で汚れたアルミ外装の事例です。

浮遊粉塵の引き寄せ、焼付き

ガラス・パネル目地から、にじみ出る油分は静電気を帯びて汚れを引き寄せます。
汚れは、太陽の熱と紫外線で高温のアルミ外装に焼付いてゆきます。

清掃跡が目立つ

真夏のアルミ外装の表面温度は80℃超え、冬でも日照熱で膨張と収縮を繰り返しています。汚れは紫外線のオーブンに焼かれ「フライパンの焦げ付き」と同じ汚れが落ちずにムラになる無理をして傷がついたと推測できる状態です。

汚れの固着

塵埃の蓄積・固着はアルミの腐食につながります。軽微なうちは塗装もしくはシート工法で美観回復が可能ですが激しい腐食は部材の交換にいたるケースも。

軒天上パネルの腐食

白く見える点々はアルミ特有の腐食です。汚れに湿気が加わると電位差が生まれ、表面あいた孔から白いアルミ素地が出てきます。「点食」「白錆」の予防は日頃の清掃  ホコリ汚れの除去がポイントです。

塗装パネルの劣化

塗装パネルのリニューアルに新しい選択肢、フィルム工法は「メタリック」な質感を貼るだけで実現することが可能です。

塗装パネルのローラー痕

パネル外装の塗装はローラー痕が目立ちます。貼るだけのフィルム工法は、ムラのないメタリックな仕上げを実現します

塗装の剥がれ

真夏のパネル外装温度は80℃を超え、冬場でも日照熱により膨張と収縮を繰り返しています。下地パネルの熱膨張に追従できない塗装は、紫外線劣化のダメージも加わり「剥がれる」事例が散見しています。