アルミパネル外装コーティング製品

協力会社募集

コーティングの効果は?

コーティングって何のため?

女性のお肌に例えれば、コーティングは「化粧水とクリームを塗る」のと同じです。
アルミ外装の汚れは太陽熱と紫外線でコゲつきます。汚れを落としただけでは、アルミ肌の「荒れ」と「シミ」は残ります。
コーティングはアルミの「荒れ」と「シミ」を補正して、アルミの劣化を防止します

アルミパネルには

TSメタルコート#1は、ガラスの強さと塗装の柔軟性をかねそなえた、有機無機ハイブリッドの透明コーティング。
UVカット仕様で紫外線劣化につよく、汚れがついても雨がセルフクリーニング。透明なのでアルミの「メタリック感」を復元します。
特徴としては

  • UVカット仕様のセラミックハイブリッド塗料なので耐候性に優れる
  • 非帯電性で汚れを引き寄せづらく、親水性なのでセルフクリーニング効果がある
  • 1コートで施工性が良い
  • ツヤ調整が可能(ツヤ有、半ツヤ)

焼付塗装パネルには

「ハイドロベール」は、汚れ防止のコーティング。塗り替えるには早いけど、汚れは気になる外装に向いています。ハイドロベールの表面には薄い水の膜ができるため、静電気による汚れの吸着を防止し、付着した汚れは雨が洗い流します。

汚れ防止の原理

ハイドロベールは、外壁開口部、目地周辺の雨筋汚れ防止の効果があります。被膜表面には、水の分子となじみやすい-OH(ヒドロキシル基)が並びます。-OHのHは、空気中の水分子H2OのOと引き合い、弱い水素結合を起こすので被膜表面にごくわずかな水が発現します。この水の発現が表面特性を親水性(接触角10~30°)にし、シリコンシーリングに代表される油性の汚れは水に浮いている状態となり、降雨により雨水が汚れの下に入り込み、雨水と一緒に汚れが流れ落ちます。また、水が存在すると、被膜表面には静電気がたまりにくく、汚れを引き寄せにくくしています。親水性によるセルフクリーニング効果と、帯電抑制作用が汚れ防止効果の原理となっています。

  1. ハイドロベール未処理の状態

  2. 汚れを想定したトナーの粉末を付着。

  3. ハンドポンプで霧状の水を発生させ、壁面を湿らせた。右半分はコーティングによる親水効果が確認できた。

  4. 拭き取りはせず、噴霧のみで汚れが除去できた。

  5. 水、噴霧後。

  6. 左半分は撥水するため水が球状に残る。右半分は親水効果により球状に残らない。
  • 【Ⅰ種】

    屋外環境構造物においてセルフクリーニング効果がある材料である。

  • 【Ⅱ種】

    トンネル等の環境で水洗いや拭取りで汚染回復できる材料である。